人間の体は食べ物で作られています。食べ物によって健康になったり健康を損ねたりします。体に合わないものを食べるとお腹を壊したり、食べ過ぎるとお腹が痛くなるなどをします。
食べ物がいかに体の症状になって出てくるかを考えても、にきびと食べ物の間には密接な関係系があると言えると思います。そんなにきびと食べ物の関係も、現代では医学的にも証明されています。

ただ、間違った情報が独り歩きしていることもあるので気を付けてくださいね。^^;
食べ物とにきびの関係が大きい事がわかっても、どうして出来たのかとか、どの食べ物がいけないのかわからない場合も多くあります。

にきびの原因は様々あるのですから、必ずしも食べ物からきているとはいえません 。そこが難しいところです。
まず基本的ににきびが出来やすいとされている食べ物があるので、それを知っておくことが大事です。にきびによくない食べ物としては、ごはん他の炭水化物、甘いもの他糖分の多い物、からしなどの辛い物、刺激の多いもの、油分を多く含んだ物などが挙げられます。

これらの食べ物にはにきびを作る原因となる成分が多く含まれているからです。しかし、これらの食品を食べていけないということではなく、食べ過ぎないということが大事なのです。

具体的には、揚げ物などをできるだけ控えて、お肉よりは血液をサラサラにする効果のある魚などを多く摂るなどの工夫をしてください。そして、にきびを防ぐにはビタミンが欠かせません。野菜が不足している人が多い現代ですから、野菜を意識的にたくさん食べることを心がけてにきび対策をすることをお勧めします。
大人ニキビ調査隊~原因と予防は?ってほんとうに頼りになる情報です。

Posted by admin on 3月 6th, 2014
Post Categories: 未分類

No Comments Yet

You can be the first to comment!
Leave a comment